㈱山田商店
お問い合わせ

乳白色硝子(フラッシュド・オパール、オパリカ)

近代美術館(ベルリン/ドイツ)

ドイツ特殊硝子メーカー"SCHOTT A.G"より無色透明のガラスと乳白色(厚み0.45㎜±0.20mm)の2層からなり、その乳白色で光源を穏し、照明光を自然光に近い拡散光にすることを可能にします。

透過率

フラッシュドオパールガラス・オパリカのスペクトル透過率の曲線

フラッシュドオパールガラスの透過率の特性はその大部分が乳白層によるものであり、その厚さは0.45±0.20mmです。
標準A光源の場合の可視光線透過率は、平均でTVA=35%(±10%)です。

光の拡散

可視領域でのスペクトルでは、フラッシュドオパールガラスはほぼ理想にかなった拡散を提供することが出来ます。
赤外線に近い領域では直接光の成分が重ね合わせられ、拡散指標(下図)では小さな「鼻」のように見えます。
λ=800nmのところから直接光成分の透過率は急激に増え、λ=2000nmでは50%にまで到達するでしょう。

典型的拡散指数

用途
オフィス、銀行、美術館の照明カバー
厚み・サイズ
4.3~5.0mm 1400×1600~1700mm ※在庫限り
山田商店

外務省(ボン/ドイツ)

サンプル・その他のお問い合わせはこちら 株式会社山田商店
株式会社山田商店
ホームページはこちら