㈱山田商店
お問い合わせ

耐熱硝子"TEMPAX Float®"(テンパックスフロート)

ドイツの特殊硝子メーカー"SCHOTT JENAer GLASS GmbH"がマイクロフロートプロセス(フロートガラス製法)により製造する平滑な表面に仕上げられ、高い透過性と光学的歪みのない低アルカリ(約4%)ホウケイ酸ガラスです。

熱によってなぜ割れるのか?

ガラスコップに沸騰した熱湯を注ぐとピシッと割れる現象は熱による急な部分的温度差によって膨張がガラスコップの強度を超えたことが原因とされています。
理科の実験で使用したビーカー、フラスコ等は、普通のガラスに比べて膨張しにくい組成になっている為、2~3倍の急な温度差にも耐えられます。
テンパックスフロートは、熱膨張係数が極めて低い為、非常に高い温度レベルにも耐える事ができます。

ガラスの主組成と比較

  テンパックスフロート 建築用フロートガラス
Sio2
(シリカ)
81% 70~72%
Na2O/K2O 4% 13~15%
B2O3
(ホウ酸)
13% 3~5%
線膨張率 3.25 ×10-6/℃ 8.5~9.0×10-6/℃
軟化温度 820℃ 720~730℃
常用温度 230℃
(使用条件により異なります。)
110℃
(使用条件により異なります。)
最高使用温度 490℃
(使用条件により異なります。)
460℃
(使用条件により異なります。)
用途
厨房間仕切り・レンジ廻り、電子レンジ・オーブンレンジ覗き窓
照明用、光学・医療・エレクトロニクス関連
板厚・サイズ
0.7mm~25mm
1150×850mm、2300×1700mm
サンプル・その他のお問い合わせはこちら 株式会社山田商店
株式会社山田商店
ホームページはこちら